美容院 ラシェンテ トータルビューティー | 神戸(三宮・居留地) 大阪(心斎橋) 西宮(北口・甲子園口) 北摂(宝塚・川西・箕面・高槻)

Official Instagramメンバー専用(特典)WEB予約はこちら
MENU
Official Instagram

NEWS

2020/02/07ニューヨークコレクション #2

 

今日は打ち合わせとリハーサルを行い、その後メンズメゾンの

 

 

 

ファッションショーのバックヤードを担当します。

 

 

  

 

 

 

 

リハーサルはカナダチームのスタイリストとペアを組んで

 

 

 

 

コレクションで必要とされるスタイルを素早く

 

 

 

創るシュミレーションを繰り返し行いました。


   

 

モデルはスタンディングのまま、本番さながらの状態で繰り返し何度も

 

 リハーサルを行います。

 

 


ショーの予定時間を同じように再現し、時間が来たらモデルをステージに上げます。

 

 

ギリギリまで時間を有効活用し、どのような対応をすべきかを全員で共有します。

 

 

まさにプロフェッショナルな仕事です。

 

 


 



チームで造り上げること、コミュニケーションや手順を素早くを考えること、

 

 

限られた空間で道具が足りない等のトラブルにも対応できるように、

 

 

コレクションのバックヤードはチームワークが大切だということを改めて感じました。

 

 

 

 

 


   

 

 

いよいよショー本番。

 

 

ニューヨークコレクションはこの時期ファッションウィークとして

 

 

様々な場所、様々な時間でファッションショーが行われています。

 

 

今日はデザイナー「KENNETH NICHOLSON」のステージを担当。

 

 

SOHOのビルの1フロアで、ショップやギャラリーなどで随時使用されるようなシンプルな空間でした。

 


バックステージはオーストラリアやドイツなどから集まってきた、

 

 

ヘアメイクアーティストとチームを組み、私たちはヘアスタイルを担当しました。

 

 

彼がデザイナーのKENNETH NICHOLSONです。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

バックヤードでは世界から集まったヘアメイクチーム、プロモデル、

 

 

 

 そしてデザイナー、全てのメンバーとコミュニケーションをとることが大切です。

 

 

 

 本番に向けてバックヤードのムードがステージにも大きく影響します。

 

 

 


ヘア、メイクを終えるとフィッティング、撮影、など

 

 

 

約20名のモデルをタイトな時間で仕上げていきます。

 

 

 

カラフルな色づかいが特徴の服を、バランスよくスタイリングする

 

 

フィッティングチームの仕事もプロフェッショナル。

 

 

 

  

 

   

 

会場には続々と世界から雑誌社のプレスや著名人、

 

 

インフルエンサーが集結。ショーまでにインタビューや撮影などが行われています。

 

 

 

ショーが終わると違う場所で行われるコレクションに向かいます。

 

 

この時期プレス記者はニューヨーク中を駆け巡ります。

 

 

 

  

 

    

 

 

明日のショーもどんな現場になるのか今から楽しみです。

 

つづく


PAGETOP